ゴジラと言えば?

東映映画の特撮モノとしてゴジラは有名ですね。モスラ、ガメラなど和製怪獣の元祖として、特撮映画に金字塔を打ち立てたと言っても過言ではないでしょう。私が最初に見たのは、白黒画面で現在よりも「いかつい」ゴジラだったように記憶しています。子供心にも火を吐く怪獣だったり、海の水を怖がらない怪獣の存在が不思議に思えたものです。ゴジラの場合は、時に悪玉、時に善玉と扱われていますね。街を破壊する怪獣かと思えば、宇宙怪獣のキングギドラに対しては人間の見方をするがのごとく戦ったりしました。


キャラクター化したゴジラ


特撮映画の中でも異彩を放ち、存在感のあるキャラクターとしてゴジラは何故か愛されています。いかつい顔も時代に合わせてカッコ良く?なってきているように思います。実際、ゴジラをキャラクターとしてみた場合「可愛い」と言う方もいるわけで、ゴジラはキャラクターグッズの地位を確立していったのです。

CG隆盛の今、東映の特撮映画にあるようなセットを組んだ撮影というのは、あまりやる機会もないと思います。当時の動画などを収めたDVDなどもレアアイテムとしてオークションなどで取引されるようになっています。

ゴジラ人気も高く、小さい人形からリアルなフィギュアまで、可愛いとされるゴジラのキャラクターが取引されています。
 


このページの上へ

メニュー